和室を洋室にリフォーム!~DIY編~

和室を洋室に簡単リフォームする方法を伝授するサイト

今こそ脱和室

洋室を手作りするなんて、手順がさっぱり分からないと心配な皆様はご安心ください。 まずは、和室から洋室にするために必要な作業工程を紹介します。 和室と言ったら、「畳の部屋」というイメージがありますね。 畳についての作業など、詳しく作業の順序をお伝えします。

洋室への第一歩

日本人と言えば、「和」ですね。
和食、和服、和式、和室と、昔ながらの日本の生活様式が今日にも残されています。
その中で、「和室」に関して、皆さんはどう思っていますか。
海外では、畳や和室のつくりに惚れ込み、クールジャパンだと称賛を浴びています。
嬉しいことですね。
畳のメリットは、夏の暑い時期も涼しく過ごせるところにあります。
日本は、多湿の国ですが、畳は湿度を調節する効果を持っています。
また、畳の上で多少ジャンプしても大丈夫な吸音、遮音の効果もあります。

しかし、デメリットもあります。
「和室」というものは、家具を置くことに対応されていません。
畳の上に物を配置すると、ダニが湧いたりカビが生えたりします。
他には、色の強い飲み物をこぼすと、すぐに染みになってしまいますよね。
また、畳は年二回、春と秋の時期に干さなければいけません。
畳の表面を張り替えることを「表替え」と言いますが、古くなってくると、それも行わなければなりません。

畳には、メリットも多いですが、メンテナンスが大変だという側面もあるのです。

対して、フローリングは、畳のデメリット部分がありません。
汚してもふき取れば大丈夫です。
木材がコーティングされているので、掃除も難しくなく、傷もつきにくいのです。

例えば、これから新しくお子様が増えるご家庭では、子ども部屋は畳よりフローリングのほうがいいですね。
小さなお子様は汚してしまうことが多いので、忙しい中でも清潔に保つための掃除は簡単なほうが便利です。
また、フローリングは掃除も難しくないので、ダニやカビの心配もあまりないでしょう。

そう考えると、住む人によって、部屋のつくりは変えていきたいものですよね。
そこで、ここでは和室から洋室に手作りで大変身させる方法をお伝えします。

自分の手で作った部屋で、我が子が遊んでくれたら嬉しいと思いませんか。
是非「DIY」を試してみてください。

名残惜しい畳もフローリングへ

畳からフローリングに替える方法をお教えします。 畳を外し、木材をそろえて敷き詰める工程を詳しく説明します。 その後、木材そのままではフローリングとしてのメリットが発揮しませんので、「フロアコーティング」の仕方をお伝えします。 つやつやのフローリングがある部屋を自分で作ってみましょう。

出来るだけ安く済ませましょう

せっかくDIYということで、業者さんに頼らず手作りで洋室を作るのですから、そこはやっぱり安く済ませたいと思いませんか。 できるだけ簡単に、そして安く済むなら願ったり叶ったりだと思います。 そこで、どうすれば比較的手軽に、そして費用を抑えた洋室づくりをできるのか、お伝えします。