和室を洋室にリフォーム!~DIY編~

>

名残惜しい畳もフローリングへ

フロアコーティングを自分の手で

しっかりフローリングを作ったなら、次はフロアコーティングをしましょう。

まずはフロアコーティングに必要なものを紹介します。
フロアコーティング剤、専用のモップ、マスキングテープを準備しましょう。
ボロボロのモップ、雑巾などは使用してはいけません。
ついているホコリ、汚れで上手にコーティングできなかったり、頑張って作ったフローリングに傷をつけることになるかもしれません。

コーティングを始める前に、掃除をしましょう。
綺麗なモップを使ったのに、床にホコリが散っていたら意味がありません。

その次に、マスキングテープを壁に貼り、コーティング剤が壁について壁を汚さないようにします。
壁と床の接合している部分をポイントにマスキングテープを貼ってください。

準備ができたらコーティング

コーティングの準備ができたら塗りましょう。
きちんと塗るのに、ポイントが2つあります。

1つ目は、入口から一番遠い場所と壁ぎわから塗ること、です。
コーティング剤は乾くのに時間を要します。
一度塗ると乾くまで通れません。
計画的に塗りましょう

2つ目は、塗り残しは禁物、です。
塗り残した箇所があると、その部分だけが傷みます。
見た目をよくするためにも、気を付けましょう。

注意点は、乾燥についてです。
フロアコーティングをした後は、乾燥させる時間が必要です。
せっかく一生懸命つくったフローリングです。
早く部屋の中で洋室の空間を味わいたいと思います。
しかし、コーティング剤が乾くまで、1、2日間ほど入室不可です。
乾くまで我慢しましょう。