和室を洋室にリフォーム!~DIY編~

>

出来るだけ安く済ませましょう

障子が洋風に変身します

まずは障子をリフォームします。

障子は障子枠と和紙でできています。
和紙は、取り除きましょう。
和紙を剥がす方法ですが、和紙を霧吹きスプレーで湿らせてみてください。
剥がしやすくなります。

次に、障子枠についているノリを拭いて、枠に色をつけます。
好きな色のペンキを塗りましょう。
しっかり乾いたのを確認したら、和紙のあった部分にガラスシートをはりましょう。
テーブルクロスでも大丈夫です。
その後、タッカーで留めます。
あっという間に洋風です。

障子枠を使ったリフォームは、意外と簡単にできますね。
しかも、かわいく自分好みにアレンジすることができます。
女性が特に、嬉しいリフォームではないでしょうか。

この次は襖のリフォームに移ります。

襖おしゃれにリフォームできます

ここまでリフォームすれば、ほとんど洋室になりましたね。
でも「襖」がまだ残っていますね。
襖が残っていては、統一感がなくなってしまいます。
ここまで洋風にしたので、襖も洋風にしてみましょう。

簡単なものだと、壁紙を使った方法があります。
好きな壁紙を、襖を隠すように、襖の上から貼ります。
それだけで、雰囲気をがらっと変えることができるのでオススメです。

襖を隠すのに使う壁紙を選ぶ場合、壁紙には国産のものと、輸入品のものがありますが、DIYにまだ慣れていない方が襖に使うものなら、国産が良いです。

国産の壁紙の一巾と、輸入品のものの一巾を比べると、国産の方が大きいのです。
輸入品は少し小さめです。
襖の上に貼る時に、国産だと一巾で貼りきることができることが多いのですが、輸入品は小さいので、襖の大きさに足りません。
できるだけ簡単にするには、国産の壁紙を使うことをオススメします。